2005年 06月 30日
あったらいいな、こんな仕組み
d0065709_17145160.jpg千代田区の外郭団体財団法人まちみらい千代田が、地域プロデュ−サ−「家守(やもり)」の育成を始めるのだそうです。家守は、江戸時代、不在地主に代わって土地や店子の面倒を見た職業で、この発想を空室問題や地域活性化につなげようというもののようです。
6/29の日経新聞より。投稿、木村真理子
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-06-30 17:22 | まちのニュース


<< 無窮会について      渋谷区のミニバス >>