2011年 03月 21日
玉川学園さくらまつり中止のお知らせ
3月27日に予定されていた「はらっぱアート」などの催しは、3月11日に発生した東北関東大震災の被害等に配慮し中止となりました。命を失われた方々の無念に痛恨の思いをはせ、被災された方々には心よりのお見舞いを申し上げます。






芝生の会事務局とまちづくりの会事務局が打ち合わせ、当日の催し関係者等の意見も踏まえて、以下のように27日の午後に、これからのまちづくりを考える集まりを開催することといたしました。

これからのまちを語り合う集い
3月27日(日)午後 さくらんぼホールにて

学園地域の「サクラ」・意見交換会 2時半~4時半前
・これまでに実施されたサクラの調査等について簡単に説明します
・それらの調査結果も頭に入れて、はちまき通りの街なみやサクラを見て歩きます
・サクラのこれからについて自由な意見交換をします

両事務局としては、このような集まりを通じて、今後の進め方などへの意見が
まとまっていくことを期待しているところです。


この地域に地震が来たら・意見交換会 4時半~5時半
・3月11日にどこでどうしていたかを報告し合い、震災直後の対応について考えます。(例え
ば都心で帰宅できなくて、自宅で親を介護していて、保育所にかけつけて、など)
 ・大きな震災のとき、このまちで起こるかもしれないことについて考えます
(例えば、首都直下ではどの程度の揺れが予測されてるか、擁壁の崩壊による消防車や救急車の通行困難、
介護を要する方々への対応など、いろいろな課題がみつかればと思います)
・被災直後から3日、1週間、1ヶ月等の対応指針として「町田市地域防災計画」があることを紹介します。
避難所等のことも書かれています
 ・被災が大幅な場合、仮設住宅やまちの再建(復旧・復興)をどうするかも気になるところです。

もちろん短時間の意見交換で結論が見えてくるはずもありませんが、両会の事務局としては、この集まりが、「災害に備えるまちづくり」を検討する一つのきっかけになればと考えているところです


 

[PR]

by tamagawa_asu | 2011-03-21 14:21 | まちのニュース


<< 久しぶりのBlog更新です。      玉川学園さくらまつり >>