2011年 06月 13日
久しぶりのBlog更新です。
久しぶりの更新です。
東日本大震災がおきた日から3ヶ月がすぎました。
復興の見通しなど気になるところであり、あらためて震災に遭われた方々にお見舞い申し上げます
私たち「まちづくりの会」は震災後の3月27日、他の地域活動グループ「芝生の会」と協働で
臨時の集会を持ち、震災時のこと、これからの防災のことなどについて意見交換を行うなかで、
様々な課題を今後のまちづくりに活かすことの必要性を再確認しました。
d0065709_17455788.jpg

5月22日は、まちづくりの会の23年度定期総会を開催しました。
上の写真は、そのときに発表された、昭和16年代から現代までの1/2500の地形図です。
その地図には、時代の変遷に伴い、わが町がいかに作られていったかがよくわかります。
また、かつてあった田畑や山林が住宅地に変わってゆく中で、この地域での防災面での課題も見えてきたように思いました。
まちづくりの会の今年度の活動テーマは、
まちづくり憲章と開発・建築工事に伴う申し合わせ事項を地域の協約とし、併せて、まちづくり方針・デザインガイドを地域の人たちと共有するための広報活動です。また、地域における開発・建築行為などを行う事業者と地域住民との協議が円滑に行われるよう支援することも活動の一つとなるでしょう。
それらの経緯などは随時お知らせしたいと思っています。
またこの総会に併せて、玉川学園地域さくらプロジェクトの中間発表としてプロジェクト参加メンバーとリーダーの意見交換と、事前調査(開花時期にプロジェクトリーダーが実際に町歩きして調べた)の資料などが、総会の場で公表されました。中間発表の資料や感想などはミツバチプロジェクト管理人さんが紹介してくれています。(どうもありがとう)



d0065709_1746252.jpg

この写真は、昨年の定期総会で、まちづくりの会より提案されたミツバチプロジェクトによる、初めてのハチミツの収穫祭で6月11に行われました。
ミツバチプロジェクトは、会の提案を受け、まちづくりの会・芝生の会などの会員有志のほか、地域の方々が自発的にこのプロジェクトに参加されています。
第一回収穫祭で得た、経験や楽しさなどを糧に今後の展開が楽しみです。
活動の内容は、玉川学園・花とミツバチプロジェクトにくわしい活動が紹介されていますので参照してください。
[PR]

by tamagawa_asu | 2011-06-13 18:15 | 地区計画グループ


<< 花とミツバチ:蜜源・花粉源植物...      玉川学園さくらまつり中止のお知らせ >>