2012年 08月 31日
玉川学園地域で地震防災を考える・企画講座開催のお知らせ
d0065709_14334188.jpg

d0065709_14344971.jpg




昨秋、日曜の会(町田在住の建築家・都市計画家の会/1982年に発足)が、中央公民館で「震災に学ぶ連続講座」を開講したところ、市民約50人の参加があり大いに盛り上がりました。
終了後「さらに特定の地域で具体的に話し合いたい」との声が多く、玉川学園地区まちづくりの会(町田市まちづくり条例で認定されている団体/2005年に発足)と合同で、この秋に下表の講座を開催することにいたしました。
玉川学園町内会、玉川学園第一住宅自治会、玉川学園興人住宅自治会、玉川学園地区社会福祉協議会(地区社協)など多くの団体から協賛も得た5回連続の講座です。
このまちの地震防災に関心のある方々の参加を期待いたします。

東京には大きな地震がいつ来てもおかしくありません!!
「防災のことをもっと知りたい」皆さま方、是非おいでください。


なおこの講座は国土交通省の「平成24年度すまい・まちづくり担い手事業」の助成を<玉川学園地区まちづくりの会>が受けた一環として実施します。 
[PR]

by tamagawa_asu | 2012-08-31 14:42 | 地区計画グループ


<< 芝生学へのお誘い      『エネルギーは市民が選ぶ・創る... >>