2005年 12月 13日
第5小の6年生から「みんなが住みよい町」について提言を受けてきました。
 5小の6年生たちが「みんなが住みよい町」について考え調べ、地域の人たちへ発表するということで、先日の国語科総合学習研究発表会に続いて再度5小にうかがいました。
 今回は、まちづくりの会への最終「まちづくり提言」とのこと。12月9日、まちづくりの会メンバー有志と地域代表、PTAなど5小に関わる活動団体の方たちが5小に集まり、子供たちの提言を受けてきました。提言テーマは、「お年寄りにやさしい町づくり」「障害者にやさしい町づくり」「防災に強い町づくり」「子供がのびのびする町づくり」「ふれあいが多い町づくり」「交通事故0の町づくり」「人と自然が仲良く暮らす町づくり」です。

d0065709_18532665.jpgd0065709_18534457.jpgd0065709_18563312.jpg

どのテーマ発表も核心を突いていて感心しました。また、やって欲しいという提言だけでなく、そのためには自分達は何ができるか、どうしたらいいかまで考えた提言もあり、感激してうれしい気持ちで聞いてきました。各テーマの締めの言葉は、夢を持って努力する、自立と協力が大事、ふれあいを大切に、慢心をなくそう、などなど。子供たちも、なかなか、やるね。
 これらの提言内容が、いつまでも彼等のこころの中に残っていること、そして、いつか実行してくれることを楽しみにしています。
 また、子供たちとコラボレーションするまちづくり企画も、是非、持ちたいものです。(投稿/木村真)
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-12-13 20:58 | 地区計画グループ


<< 町田市 新庁舎建設設計者選定第...      クリスマスイルミネーション >>