2006年 06月 09日
まちづくりと景観
d0065709_1231480.gif
まちづくりの会の今年度の大きなテーマは「まちづくりのルールつくり」です。
岩波新書「まちづくりと景観」は、このテーマを考える上で、大切なキーワードを提供してくれているのではないでしょうか。著者の田村 明さんは、1960年代から70年代にかけて飛鳥田市長の右腕として横浜のまちづくりを推進した方で有名。この本のなかでは、「まちづくり」に関するさまざまな問題の内で、市民にとって「景観」は一番わかりやすい入り口と説く。確かに、ややこしい法律・条例や専門的議論に全く通じていなくても、自ら住む「まち」、訪れる「まち」が美しいと思えるか、そして落ち着きや安らぎ、あるいは適度のにぎわいを感じさせるかどうかという判断は、だれにでも分かりやすいと思います。また、この本のなかで紹介される、長野県の小布施町のまちづくりなどの事例は、地域の人たちと、そこに関わる建築家たちとの協働のあるべき姿が紹介されています。私たちのこれからの活動の良い参考書になると思います。(投稿-skiyo)

[PR]

by tamagawa_asu | 2006-06-09 12:33 | 地区計画グループ


<< 広場で遊ぼう・みんなのお城/秘...      まちづくりの会-駅周辺部会によ... >>