2006年 11月 13日
ころころ児童館のモニュメント完成
11月11日(土)11時30分〜ころころ児童館前にてモニュメント誕生のお祝いが催されました。
あいにく当日は雨になってしまいましたが、このモニュメントに魅せられた子供たちの表情は楽しそうですね。作者は、児童館で定期的に子供たちのためのワークショップを行われている造形作家のMr.メビ・タマーさん。。

d0065709_1191575.gif「構想から2年ほど、ころころの庭で一日数時間づつ作業を続けて、
実質制作期間7ヶ月ほどを費やし、このふしぎ造形物を完成させました。
彼は「見るだけでなく、子ども達に触ってもらって音が聞ける形にしました。
子どもの施設であることの目印として、目につく色とかたち、そこを維持しながら、
地域にとけ込むものが作れたかどうか。皆様のご意見をお聞かせください。」

とこのモニュメントに込める気持ちと私たちへのメッセージをいただきました。
また、「内部の空洞に音が反響するようになっています。
その内、このモニュメントを使って音をテーマに催しをやろうと考えています。」とのこと。。
これから、児童館の前で、大人も子供も道すがら、このモニュメントを触ったり、「どんな音がするのかな?」とそっと耳を近づけたりする姿がみられるかも知れませんね。(投稿者-skiyo)
[PR]

by tamagawa_asu | 2006-11-13 11:12 | まちのニュース


<< 東京建築士会主催「まちづくりシ...      まちづくりとは何か >>