2008年 01月 22日
第一回連続懇話会が開催されました
d0065709_1746236.jpg
報告が遅れてしまいましたが、
12月2日日曜日、玉川学園文化センターにてまちづくりの会主催、玉川学園町内会協賛による第一回連続歴史懇話会「この地域のなりたち−「芝生(しぼう)」と呼ばれていた頃のことなど」を講師の熊沢初恵さんをお招きして開催されました。

当日、私たちの予想を超えた多くの方がこの懇話会に参加(40 名)され、熊沢さんの軽妙な語り口により、この地域が当時の周辺の人たちにとってかけがえのない自然豊かな土地であったことや学園創設時にまつわる逸話などを伺いました。また、彼女の持参された手作りのお弁当をいただきながら、学園地域80 年の歴史をはるかに超えたこの地の営みをたどり、いつまでも尽きることのない貴重な時間を過ごすことができました。




 連続歴史懇話会の次回は
この地域の商店街がどのように形成されてきたかを中心にこの地域に古くからお住まいの尾辻胖さん、野川明治さんをお招きしてお話をお聞きする予定です。
日時・会場は以下の通りですので皆様の奮っての参加お待ちしています。
(学び・考えたいより 担当 清瀬 )
玉川学園地域のいま昔・連続懇話会 第2回の御案内  日時3月23日(日)午後2時〜4時
場所 玉川学園文化センター 第二・三会議室
   (午後1時30分受付開始・定員30名)
「学園商店街のなりたち-わずか数軒のお店から始って-」
講師 尾辻 胖氏(電巧舎)・野川 明治氏(明治屋青果店)
[PR]

by tamagawa_asu | 2008-01-22 17:43 | 地区計画グループ


<< 連続歴史懇話会第二回開催のお知らせ      玉川学園地域のいま昔・連続歴史... >>