2008年 03月 07日
連続歴史懇話会第二回開催のお知らせ
d0065709_19341562.gif
玉川学園地域まちづくりの会は昨年に続き以下の日程で連続歴史懇話会第2回を開催します。

名称 玉川学園地域のいま昔・連続歴史懇話会 第2回
主催・玉川学園地区まちづくりの会
協賛・玉川学園町内会・玉川学園商店会・玉川学園南口商店会 
テーマ 
『学園商店街のなりたち-わずか数軒のお店から始まって-』

      講師 尾辻 胖氏(電巧舎)・野川 明治氏(明治屋青果店)

3月23日(日)午後2時~4時 於:学園文化センター第二・三会議室
              (午後1時半受付開始 会場定員30名)







わが町は昭和4年(1929)春に、玉川学園が開校され学園前駅が開設されたことから始まりました。
いよいよ来年、80年の節目を迎えようとしています。良好な環境と地域社会づくりをめざす「まちづくりの会」では、この地域のつくられてきた経緯や先人たちの努力を学び、今後のまちづくりにそれらの知恵を受け継いでいきたいと考えています。
その一環として昨年の秋から、いろいろな方々に地域の歴史を語っていただくべく、町内会・商店会の協賛も得て「いま昔・連続懇話会」をスタートしました。
第2回として、尾辻氏と野川氏のお二人をお招きし話を伺います。

第1回懇話会講師の熊沢初恵氏も、小原國芳先生の学園づくりに触れられていました。昭和20年代には数百戸程度の住宅しかなかったので、商店もごくわずかだったのです。
第2回の今回は、そんな時期のことをよくご存じで、今もお元気なお二人にいろいろとお話しいただく予定です。

尾辻氏は玉川学園の出身で、卒業後、都心の電気工事会社勤務を経てこの地で開業されています。野川氏は昭和30年代にこの地に店を構えられたと伺っています。
学園地域80年の歴史の中で、もう知る人も少なくなった、戦後初期から昭和30年代そしてその後のお話が伺えるものと期待しています。

皆様の奮ってのご参加をお願いいたします。早めにおいでくだされば大丈夫と思いますが、万一満席の際はご容赦ください。     
(問い合わせ先:事務局 tamagawa_asu@excite.co.jp宛にメールください)
-投稿者 skiyose
[PR]

by tamagawa_asu | 2008-03-07 19:43 | 地区計画グループ


<< 平成19年度 定期総会のお知らせ      第一回連続懇話会が開催されました >>