2008年 06月 18日
連続懇話会 第3回開催が決まりました!
玉川学園地域のいま昔・連続懇話会の第3回目は、『町田市まちづくり50年をたどれば』と題して、主にこの50年についてを高見沢邦郎氏および竹内陸男氏にお話いただくことになりました。
 町田市が制定された経緯から激動?の団地開発や両駅統合、駅前再開発を経て、近年の基本構想・基本計画、今後に向けて、また、学園地域についても、小原國芳の取組みや耕地整理についてなど興味深いお話が聞けると思います。ふるってご参加ください。

 日時:7月26日(土)午後2時~4時 
           (午後1時半受付開始 会場定員30名) 
 場所:学園文化センター第二・三会議室
 
 主催:まちづくりの会、日曜の会
 なお、当日は「市制50年記念誌」をテキストにして進行されます。数部ほどは、会場で購入できます。


d0065709_20245965.jpg



玉川学園地域のいま昔・連続懇話会 第3回
『町田市 まちづくり50年をたどれば-市制50年記念誌をテキストとして-』
 7月26日(土)午後2時~4時 (午後1時半受付開始 会場定員30名)  
 於:学園文化センター第二・三会議室
 講師 高見沢邦郎氏および竹内陸男氏
                         
 今年の2月に町田市が市制50周年を迎えたことは、皆様よくご存じの通りです。その50周年記念事業の一環として、まちづくり(都市計画)の半世紀を振り返る書籍が3月末に刊行されました。
 企画・編集・執筆にはまちづくりの会でお馴染みの、また、日曜の会のメンバーでもある都市プランナーの高見澤・竹内両氏が大いに関与されたそうです。そこで両氏が関係する二つの会の共催にて、この書籍をテキストに第3回歴史懇話会を開催する企画をたてました。
 第1、2回とは趣を変え市域全体のやや固い話となるわけですが、学園地区の過去・現在から明日を考える上で町田市全体のあゆみも大いに参考になるのではないでしょうか。
 書籍「町田市まちづくり50年史」は、市役所から町田街道を100mほど行った左側、中町分庁舎・市政情報課にて1200円で頒布されていますので、可能ならば、事前に購入し、お目通しの上おいでくだされば一層に幸いです(26日当日にも、会場に数部ほど、購入できるように用意しておく予定です)。

 以下は50年史の目次    
1章 市制施行からの10年〔1958年から1970年頃まで〕
2章 新たな都市計画が始まった頃〔1970年代〕
3章 まちづくりの着実な進展〔1980年代〕
4章 新たな時代へ〔1990年代初めから今日 そして今後〕
資料編 ・年表 ・市街地の変遷・団地開発の動向 など11項目
[PR]

by tamagawa_asu | 2008-06-18 20:19 | 地区計画グループ


<< 七夕の催し      サイドバーのメニューを更新しました。 >>