2005年 06月 10日
住宅地環境検討グループの話し合い内容報告
さて、先の定例会に於いて、各種課題を駅周辺商店街検討グループ、住宅地環境検討グループ、企業所有地検討グループの3つのグループに別れて検討作業を進めていくことに決まりました。
 
 まず、先陣をきって、住宅地環境検討グループの報告です。
いろいろおもしろい、夢のあるアイデアも話題にあがりましたが、ひとことでまとめれば、『緑豊かな住環境をどう守り育てるか。』です。
具体的には、下記のような項目が上がりました。
・宅地の細分化にあたって、環境悪化や樹木の保全をどう規制するか。
・樹木の維持管理を地域で応援するしくみをどうするか。
・高齢化が進んで増えている老人宅の維持管理(草刈り、空家対策)を地域で請け負えないか。
・財産管理のファンドも必要(NPOで退職後の仕事としてできないか)
・癰壁の角度規制や緑化義務を考えよう。
・斜面地の立て替えで、地下居室や地下車庫を造ると地上4階に見えるような建物への規制を考えよう。  等々。

 マップに落とし込みながら、良いところ怪しいところを実際に見に行って、対策を考えようということになりました。 以上、報告、木村真理子
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-06-10 19:18 | 地区計画グループ


<< 6/22(水)文化センターにて分科会      2005年度第1回定例会が開か... >>