カテゴリ:地区計画グループ( 69 )

2007年 11月 20日
ときわ台訪問
 パンフレットの「まちづくりの会の構成」でお知らせしてあるように、19年度からは、月例定例会に加えて「学びたい」と「広めたい」の活動が動き出しています。


d0065709_20174983.jpgd0065709_20183219.jpgd0065709_20181151.jpgd0065709_20182288.jpg

 その「学びたい」の他地域訪問企画として、9月の成城学園に続き、今回は板橋区のときわ台を訪問しました。
 ときわ台は、昭和10年に東武鉄道により駅と共に開発されました。理想的な郊外居住のため、先進的な設計がされた分譲地として知る人ぞ知るまちです。
 駅前の緑の大木が特徴のロータリーに始まり、歩行者と住民のコミュニティに重点を置いたプロムナード、クルドサックにフットパスなど特別な道の構成が、いまでも歩く人に優しい、静かで落ち着いた魅力的なまちにしていました。 
 開発の段階での街の構成が街の将来を大きく左右する事、そして、上手に時代の流れに乗りながら、よりよく魅力的につなげていくことの大切さを改めて感じたことです。(投稿-kimu_ma)

More
[PR]

by tamagawa_asu | 2007-11-20 20:40 | 地区計画グループ
2007年 11月 20日
会のパンフレットが出来ました。
d0065709_2173393.jpg まちづくりの会のパンフレットが刷り上がりました。
 「まちづくりの会」の紹介のための名刺代わりとして、会の概要を載せてあります。御入用の節は、どうぞご連絡ください。(投稿-kimu_ma)

d0065709_2185512.jpg

[PR]

by tamagawa_asu | 2007-11-20 20:00 | 地区計画グループ
2007年 10月 08日
まちづくりの会19年度広報
d0065709_18355480.gif

まちづくりの会 19年度の広報第1号が発行されます。

ようやく完成しました。
会員のみんなの思いが詰まっています。
広報は以下のアドレスでダウンロードできます。
http://tamagaku-machi.googlegroups.com/web/kouhou1006.pdf
[PR]

by tamagawa_asu | 2007-10-08 18:38 | 地区計画グループ
2007年 09月 27日
成城学園まち歩き
d0065709_17231033.gif
9月22日の土曜日
まちづくりの会は、成城学園のまち歩きを、同自治会のみなさんの案内で
行いました。
その目的は、「成城憲章」が制定され、その憲章のもたらす効果や、成城学園の街の成り立ちなどを知るためでした。


d0065709_17234528.gif
d0065709_1724655.gif
成城学園は、玉川学園と同じく教育者小原國芳氏ととても縁の深いところで、その街の造られ方が、その後の玉川学園の街が造られる時に大きく影響を与えていると感じさせられました。
案内された方のお話によると街の街区の造り方に地域ルールがあったとのこと。
例えば
「道路側は二三段の大谷石を積みその上は生け垣とすること」
「和風の家には松を植える」「洋風の家にはヒマラヤ杉を」
「角地は隅切りをする」
「大谷石の積み方や、生け垣の種類は隣と同じにならないよう」など
新しく建てかわったところにも街の記憶として残していました。
こういった地域ルールがあったために成城学園の街並みは、一定の秩序を保ちながらリズム感のある落ち着いた街になっているのだと思います。



More
[PR]

by tamagawa_asu | 2007-09-27 17:25 | 地区計画グループ
2007年 06月 04日
第三回まちづくりの会総会 が開催されました
d0065709_1532299.gif
昨日、
「玉川学園地区まちづくりの会」第三回総会が開催されました。



More
[PR]

by tamagawa_asu | 2007-06-04 15:27 | 地区計画グループ
2007年 05月 31日
「まちづくりの会」の定期総会にいらっしゃいませんか。
d0065709_19135390.jpg


More
[PR]

by tamagawa_asu | 2007-05-31 19:18 | 地区計画グループ
2006年 12月 02日
東京建築士会主催「まちづくりシンポジウム」
d0065709_124201.gif
去る11月17日、我が「玉川学園地区まちづくりの会」が助成金を受けている東京建築士会主催のまちづくりシンポジウム『地域に根ざしたまちづくりの考え方意見交換会』 に、パネラー団体として参加発表してきました。
 

 
 我が「まちづくりの会」立ち上げのいきさつや抱えている課題、抱負、成果等の報
 告、パネル展示に、会場からも活発に質問が飛び、昨今の開発に対する危機感やま
 ちづくりに対する関心の高さが伺えました。他団体(たてものの保存再生が主体活動やまち活性のためのイベント企画活動)の発 表内容も興味深く、地域に根ざしたまちづくり活動にも様々な切り口があることを再確認。
 特に、イベント企画、広報活動の大切さを再認識してきました。
(原稿-Kimuma、投稿-skiyo)
[PR]

by tamagawa_asu | 2006-12-02 12:50 | 地区計画グループ
2006年 11月 07日
まちづくりとは何か
d0065709_16422058.gif
10月7日の講演-住民主体のまちづくりの第二弾です。
地域市民講座は10月21日から開講され、今まで二回の講座を通して、参加された方々のまちづくりに対する静かで熱い気持ちが、伝わってきました。
「まちのなりたち-玉川学園創設と共に歩んだまちづくり」「子供達からの提言」などいずれも貴重な資料や、子供ならではの新鮮な提案など。。
11月11日の講座ではこれら二回の講座および、10月7日の講演を踏まえ、より興味深い内容になると思います。また、11月18日以降の講座では、現在、この地域で活躍されている地域活動団体からの報告や、まち歩き(11月23日)を経て最終日(11月25日)に、今回の講座のまとめと今後のまちづくり活動に対する意見交換を予定していますので、是非、皆様の参加をお待ちしています。
本講座への参加を希望される方は、
電話でまちだ中央公民館「玉川学園地域市民講座」係TEL(042)728-0071 
又は 下記問い合わせ先 関まで
TEL(042)725―7214 関 誠
又は
下記emailでも結構です。
tamagawa_asu@excite.co.jp


企画・運営:玉川学園地域市民講座運営委員会(清瀬、川島、佐藤、関、竹安)
協賛:玉川学園地区まちづくりの会
[PR]

by tamagawa_asu | 2006-11-07 16:42 | 地区計画グループ
2006年 10月 07日
住民主体のまちづくり
二ヶ月ぶりの記事です。(ごめんなさい)
秋の嵐が去り、さわやかな土曜日の昼下がり(10月7日)、玉川学園さくらんぼホールで
「住民主体のまちづくり 法・制度 とは」をテーマにした勉強会を開きました。
d0065709_20474520.gif

「法・制度」というといかにも堅苦しい感じがしますが、講師の高見沢邦朗さん(首都大学東京・名誉教授・都市計画家)のお話。時にはジョークを交えながら、まちづくりとは何かを解りやすく話していただきました。
ここで得た事の一つ
「「はじめに結論ありき!」:街の環境が変わっていく!
誇りの持てるまちをつくるためには、われわれ(住民)が行動しなくては」ということでした。
とかく、議論中心、頭デッカチになりがちな私たちにとって
「自主的な行動ありき」というメッセージは私たち「まちづくりの会」にとって貴重な提言でありました。今回の勉強会は、「町田広報」などにも案内されたこともあり、会場はほぼ満員の盛況でした。
このブログでのお知らせが遅くなりましたが、これからも気分一新し、随時更新してゆきたいと思います。(投稿者ーSKIYO)

More
[PR]

by tamagawa_asu | 2006-10-07 21:04 | 地区計画グループ
2006年 07月 10日
住環境部会/埴の丘見学
d0065709_21294437.jpg アップが遅くなりましたが、先月の最終土曜日、南大谷の「埴の丘」を見学してきました。
 「埴の丘」は、以前ブログにて紹介されたように平成17年度「住まいのまちなみ賞」に選ばれています。 埴の丘住宅団地管理組合理事長さんの許可をいただき、数名で訪ねました。
 出来上がって二十数年経つ「埴の丘」は、深い緑で覆われ、すっかり落ち着き成熟した豊かな住環境を作っています。
 南面開口を確保してのことでしょうが、家の並び方が一定でないところが、人工的でなく自然でいい感じです。また、家々の間隔はそれほど離れている訳ではありませんが、大きくなった木々が重なり合い、お隣近所との適度な距離を保ち、プライバシー確保と空間に深みを与えてくれています。造りすぎないこと、成熟することの魅力をひしと感じさせてくれます。
d0065709_21301660.jpg ただ、高齢者には、長い階段のみでのアプローチはつらそう。ちょうど居合わせたゴミ回収の方達も車が各戸の近くまで近づけないので大変そうでした。
 二十数年前はまだ社会全体が若くて、長い階段、長い坂道は、かえって魅力だったのかもしれませんね。(投稿-木村真)
[PR]

by tamagawa_asu | 2006-07-10 21:32 | 地区計画グループ