<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2005年 07月 29日
「緑のカーテン」
 昨日のNHK「御近所の底力」、御覧になりましたか。
私は、偶然遭遇しました。「緑のカーテン」で夏を涼しく乗り切る方法。
まちに森を取り戻そうとエコビレッジを仕掛けている甲斐さんが出ていました。
 真夏の陽射しを遮るために、ゴーヤやキュウリ、ヘチマ等で「緑のカーテン」を作ると、植物は水瓶みたいなものなので、よしず等に比べて涼しさが全然違います。2℃くらい違うそうです。打ち水作戦と同じようなことですね。
「緑のカーテン」について、おもしろそうなページを見つけましたので、御紹介します。マップ式 屋上庭園−壁面緑化
 住環境グループでは、住環境を守るための規制だけでなく、様々な形で魅力的な提案をしていこうと模索中です。「緑のカーテン」は、住宅だけでなく、学園の公共施設にも是非取り入れたい試みです。投稿 木村真理子
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-07-29 20:50 | 地区計画グループ
2005年 07月 22日
お次は、キャンドルナイト大作戦!
キャンドル大作戦 お次は、100万人のキャンドルナイト大作戦!
 花火もいいけど、漆黒の闇の中で、ちろちろ揺れるキャンドルの炎を見つめて暮らす夏の夜も悪くない。
 五感を研ぎすませて、ロマンティックに小さなエコを実践するのはいかが?。投稿者 木村真理子
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-07-22 15:07 | まちのニュース
2005年 07月 22日
暑さを吹き飛ばせ。打ち水大作戦!
打ち水大作戦江戸開府400周年に東京で開催したことに端を発した「打ち水大作戦」。今年も打ち水大作戦で、暑さを吹き飛ばせ!!。暑い日は打ち水して、みんなで真夏の気温を2℃さげよう!


 打ち水打ち水大作戦2005〜地球温暖化に対抗する地上最大の社会実験〜は、決められた時間にみんなでいっせいに水をまくことで、伝統的な「打ち水」の効果を科学的に検証しようとする、前代未聞、本邦初(もちろん世界初)の社会実験だそうです。
 打ち水大作戦に水道水はご法度。雨水やお風呂の残り湯、エアコンの室外機にたまった水などを使用すること。

玉川学園のイベントとしても是非やりたいですね。投稿者 木村真理子
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-07-22 11:59 | まちのニュース
2005年 07月 18日
玉川学園地域を考える住民懇談会より
玉住懇では、設立20年を迎え、現在記録集の作成を始めました。
完成は一年後の予定です。
かつて2000年に「70年まつり」を行いましたが、当時の記録、
思い出などお持ちの方はぜひ連絡ください。投稿者 清瀬
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-07-18 17:44 | まちのニュース
2005年 07月 06日
玉川学園消防団 優勝 おめでとう
町田市消防操法大会で、わがまちの消防団五部(玉川学園地区)が優勝しました。日頃の地道な訓練の賜と敬意を表します。安心のまちづくりに心強い味方に感謝のエールを・・・・・。

貼り紙ー町内伝言版(玉川学園商店会)を見て。投稿責任者関誠
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-07-06 14:55 | まちのニュース
2005年 07月 06日
7月13日(水)に「玉川学園地区まちづくりの会」定例会を行います。
「玉川学園地区まちづくりの会」定例会を下記内容で行います。
日時 7月13日(水) 午後6時30分より8時30分まで
場所 玉川学園中規模センター さくらんぼホール

当日話し合われること。
1、住環境、駅周辺、企業所有地の3グループによるワークショップの報告
2、まちづくりアドバイザー派遣について
その他
 新たに参加されたいかたは当日会場にいらしてください。
以上 文責 清瀬
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-07-06 08:32 | 地区計画グループ
2005年 07月 04日
無窮会について
玉川学園8丁目にある無窮会図書館について。
d0065709_1735549.gif無窮会が会名と組織及び人事を正式に整えて発足したのは、大正4年春、明治期での神道・国学分野での大家井上囶博士の没後に遺された全蔵書を平沼騏一郎男爵が私財により購入し、それ迄所有していた蔵書と共に寄附し無窮會と名付けて設立したことに始まり、その蔵書も現在は25、6万冊に増え、内容も神道・国学・国史・民俗学・国文学・国語・漢学——特に儒教関係や日・中両国の古今にわたる漢文学など、謂わゆる東洋学の全領域に及ぶおびただしい基本的諸古典と、その注釈書の類や、近世以降の専門的研究の諸文献などを網羅するに至り、わが国と東アジア世界に亘っての貴重な文献の一大コレクションの場となっている。(無窮会HPより抜粋)文責 清瀬
詳細は無窮会Homepage参照

More
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-07-04 09:29 | まちの人たち