<   2005年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2005年 10月 30日
玉川学園ギャラリーウォーク’05
d0065709_1943545.gif11月1日から15日まで、玉川学園地域にある17ヶ所のギャラリー、店舗で絵画、写真、クラフトなどの作品の展示が行われます。駅の改札をでたところに「ギャラリーウォーク」のマップも置かれ、準備がととのったようです。この時期、町の中は、このマップを持ってギャラリーウォークを楽しんでいる人たちを見かけます。この催しも、玉川学園70年祭りから数えて6年目にはいりますが、すっかり町の年中行事になりました。(投稿者-清瀬)

[PR]

by tamagawa_asu | 2005-10-30 19:51 | まちのニュース
2005年 10月 17日
雨にもめげず。。その2-住宅地篇
駅前の商店街に引き続き玉学1〜4丁目の住宅地を歩いてみました。
この地域は昭和30年代に開発された住宅地が残っています。しかし、10月2日に行った町歩き同様ミニ開発も進んでいます。また、ミニ開発される以前の宅地も、敷地と道路の高低差が大きく5M前後の擁壁で宅地を造成している箇所が数多く見られます。
d0065709_1845891.gif←尾根から1丁目側に下りてくる階段です。この高低差は10M位あると思います。階段と坂のまち「玉川学園」といわれる典型的な場所と思います。斜面地を開発してできた町ですから当然といえば当然のようにも思えますが、年を重ねればこの階段はきついし、地震などの災害時にはどのような状態になるか想像もつかず、今の段階で危険な箇所がないかなどの点検が早急に必要と思います。

d0065709_18515291.gif←山を崩して、擁壁をつくり、そこに土を盛っていく典型的な最近の造成ですね。隣地への影響など、よく協議はされていると思いますが、造成の仕方、そこに建物を造るときの考え方などどのようになっているのでしょうか。


More
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-10-17 18:42 | 地区計画グループ
2005年 10月 17日
雨にもめげず、玉川学園1〜4丁目の町歩き-商店街篇
10月16日 あいにくの雨でしたが、玉学1〜4丁目の町歩きを実施しました。
玉川学園に電車で来た場合、まず目につくのが北口駅前の緑です。その部分を中心に商店街の現在を姿を紹介します。
d0065709_1885942.gif←学園の駅舎の改札口は2階にあります。改札を出て、玉川学園の緑が一望できるようにしたらと話しあっています。

d0065709_1892136.gif←駅の南口の商店街へ降りるところがちょっとした広場になっています。南口は道幅が狭く、普段は車などでごった返すのですが、店舗がまとまってあるので雰囲気はなかなかいい。車などの渋滞に解決策があればもっとすてきになりそうです。

d0065709_18133561.gif反対側の16M道路にそった商店街は歩道もでき快適、最近は気の利いた喫茶店や、飲食店などもできつつあります。この店舗は店の敷地の一部をパーキングスペースとして使っていますが、その工夫が楽しい。このような形で複数の店舗が連続してパーキングスペース兼広場的につくっていけば、公園に面した商店街という雰囲気になるのではないでしょうか。

そして道端にちょっとベンチをおけば、もっといいですね。
この16Mの道の歩道の幅は3.5Mなので、今の状態でベンチなどおくと少しせまいですね。幸い、いくつかの空き地などが見られました。商店街で管理しているところもありますが、その他の部分も含め商店会や町内会などが互いに協力し、もしそのような部分を当面利用できるならば「ポケットパーク的」な使用を考えたらどうでしょうか?(投稿者-清瀬)
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-10-17 18:09 | 地区計画グループ
2005年 10月 16日
建築士会の視察
d0065709_16591929.gif

10月15日の土曜日、私たち「玉川学園地区まちづくりの会」は東京建築士会の地域貢献活動基金の助成を受けたこともあり、その委員会の方々による視察をうけることになりました。その時の様子などは、仲間の木村さんのBlogに「豊かに住まうこころがあれば」という表題で紹介されています。
上のMapは、その時に配布したものですが、およそ二時間ほどその地図にそってWatchingをおこない、その後、サクランボホールにて懇談会を行いました。
みんなと廻った地域は、斜面地マンション、巨大マンションなどこの地域の環境を脅かしているところを見たこともあり、視察にこられた方々は一様におどかれた様子でした。
「なにかワクワクするものが欲しいね。」とはある委員のかたのお言葉。。
それならば、この地域にも「ここはいいところですよ」と、そういった場所も案内したかったなぁ。
いずれにしても、視察時間を過ぎてなお、話がつきず、次回また機会があればということになりました。
(投稿者-清瀬)
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-10-16 22:54 | 地区計画グループ
2005年 10月 13日
街づくりフォーラムで私たちの活動も紹介されます。
 市民が主役、住民主体のまちづくり。みんなの力で住み良いまちを。
街づくりフォーラムで私たちの活動も紹介されます。
11月6日(日)13:00〜。まちだ中央公民館7階大ホールにて。
是非、お誘い合わせの上、参加して下さい。

d0065709_21152059.jpgd0065709_21154095.jpg
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-10-13 21:31 | 地区計画グループ
2005年 10月 05日
引き続き、玉川学園5、6町目をまちウオッチング。
 「玉川学園地区 まちづくりの会」では、10月2日(日)も、まちウオッチングをしました。今回は、玉川学園5、6町目のウオッチングです。このあたりは、新旧の開発、新旧の家々が折り重なっていて、まちの成り立ちがまじかに判る面白い地域です。ただ、今後どうしたものか対策が難しい地域でもあります。


d0065709_18531559.jpg←ここでもミニ開発が進んでいます。ただし、ミニ開発の割にはゆったりしてます。ある程度の細分化は、避けられないなら上手な開発を提案したいところです。

d0065709_18532668.jpg ←古くに開発された5、6町目らしい地域の良さが出ています。ゆったりした敷地、生け垣の緑、玉石積みのよう壁。

d0065709_18522727.jpg←玉石積みは劣化していたり、写真のように2段よう壁になっているところが、多く見られます。

(投稿者ー木村/真)
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-10-05 20:14 | 地区計画グループ
2005年 10月 05日
東玉川学園地域のまちウオッチング。
 「玉川学園地区 まちづくりの会」では、10月1日(土)、東玉川学園地域のまちウオッチングをしました。
成瀬教会前から、比較的ゆったり穏やかな印象の東急台の分譲地を抜けて、国有地の雑木林、ミニ開発の進む一画、昭和薬科大の中を通り、コスモス会館へという2時間コース。夏に逆戻りの暑い中、昭和薬科大のボルヴィックタンクの水のおいしかったこと。

d0065709_17505058.jpg←貴重な緑の国有地をおじさま達がボランティア会を結成して守って下さっています。活動が終わるとコスモス会館で飲み会をするのが恒例だそうです。

d0065709_1751596.jpgd0065709_17515591.jpg←あちこちでミニ開発が進んでいます。コンクリートよう壁の圧迫感は、目にも身体にも暑くてきつい。

d0065709_17513587.jpg←薬科大の西門から。緑の向こうにIBM後地のマンションが着々と立ち上がっていくのが見えます。

(投稿者-木村/真)
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-10-05 19:55 | 地区計画グループ
2005年 10月 05日
パリの街角から 
パリのお祭り
 d0065709_11231155.gif6月に10日間パリに行き美術館巡りをしてきました。毎日天候がよく久し振りのパリを満喫しました。ルクセンブルグ公園からぶらぶらと歩いていましたら、大きな古い教会があり前の広場にたくさんの人が集まり、何やら騒がしいので近づきますとそれは地域の祭りのようでまた、露店の骨董市も出て賑やかなものでした。何ヶ所かで木製の手づくりゲームを、子どもに大人も混じって楽しんでいました。日本でも昔は、村の鎮守様やお寺の広場でまつりが行われ、屋台や金魚すくいなどで楽しんだものですが、最近はあまり見かけません。このパリの素朴なゲームを見て、また楽しんでる人たちの笑顔を見て考えさせられました。(投稿者-大橋)
(写真:まつりの猫顔の少女)

More
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-10-05 11:19 | コーヒーブレイク
2005年 10月 05日
たま在宅医療研究会とは
d0065709_1151252.gif2年前の2003年4月「7人の侍」ではありませんが7名の有志で「たま在宅医療研究会」を立ち上げました。やっと2年が過ぎましたが試行錯誤の活動をしています。
 設立主旨は『私たちは年をとっても、病気になっても、最後まで誇りを失わず、自分らしい暮らしをしたいと望んでます。高齢化が進むなかで、時には介護する身、介護を受ける身になることもあるでしょうが、常に社会の一員として人とつながり、発信する存在であり続けたいと願っています。(投稿者-大橋)

More
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-10-05 11:05 | たま在宅医療研究会