<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2006年 06月 28日
友だち村
友だち村3友だち村2
 修善寺から車で15分程度。友だち村は、教育者として女性の視点から発言を続けていらっしゃる駒尺喜美さんと田嶋陽子さんの提唱で始まった郊外型コレクティブタイプのプロジェクト。血縁や家族関係が変化している時代に対応する暮らし方のひとつとして、地域コミュニティづくりをめざした郊外型のコレクティブハウスの先進例です。
 先日、ライフハウス友だち村を見学する機会がありました。2002年12月にオープンした「ライフハウス友だち村」のコア施設を案内していただき、施設の中にある友だち村倶楽部会員用の居室に泊まらせていただきました。

友だち村1 友だち村に隣接する「わかった館」(女性の自立を説きつづけた小西綾さんを記念して駒尺喜美さんが個人的に建てられた。セミナー・講座などに利用され、学習や交流の場となっている。)で、生活科学運営の近山さんや住民として駒尺さん、住民代表の数人の方から生き生きとしたお話を伺いました。

 感想やなるほどと思ったこと。
 施設が住民や地域の人の「仕事場」として収入を得る場にもなっていること。
 「夢プロジェクト」など様々な創造的事業を通して、住民や地域の人との連帯感や充実感が生まれていく気配を感じること。
 建物の作り方が若いこと(全く施設臭さがないだけでなく、危ないんじゃないのと心配になるほどの開放的な作り方。住民の皆さんの気持ちもとても若い)。
 課題は、介護の問題。基本的に介護状態になったら外部の介護施設や居宅介護の制度を利用する。運営主体である生活科学運営が、関連の他の介護施設を紹介はするが、友だち村からは出ていくことになる。終の住処とできるよう介護プロジェクトを立ち上げ、検討中とのこと。(投稿/木村真)

以下、資料より抜粋。
[PR]

by tamagawa_asu | 2006-06-28 12:10 | コーヒーブレイク
2006年 06月 21日
広場で遊ぼう・みんなのお城/秘密基地をつくろう
d0065709_15145943.gif学園地域の児童館を運営しているNPO法人子育て・子育ち支援タグボートの年中行事、今年4回目を迎えた「ころころセミナー2006・子どもとまちを考える」が6月17日の土曜日に開催されました。
前日までの雨も上がって一日だけは夏。今年は、「広場で遊ぼう・みんなのお城/秘密基地をつくろう」と題する、ダンボールを使った作業なので、本当に、「晴れてよかった」。


More
[PR]

by tamagawa_asu | 2006-06-21 15:10 | まちのニュース
2006年 06月 09日
まちづくりと景観
d0065709_1231480.gif
まちづくりの会の今年度の大きなテーマは「まちづくりのルールつくり」です。
岩波新書「まちづくりと景観」は、このテーマを考える上で、大切なキーワードを提供してくれているのではないでしょうか。著者の田村 明さんは、1960年代から70年代にかけて飛鳥田市長の右腕として横浜のまちづくりを推進した方で有名。この本のなかでは、「まちづくり」に関するさまざまな問題の内で、市民にとって「景観」は一番わかりやすい入り口と説く。確かに、ややこしい法律・条例や専門的議論に全く通じていなくても、自ら住む「まち」、訪れる「まち」が美しいと思えるか、そして落ち着きや安らぎ、あるいは適度のにぎわいを感じさせるかどうかという判断は、だれにでも分かりやすいと思います。また、この本のなかで紹介される、長野県の小布施町のまちづくりなどの事例は、地域の人たちと、そこに関わる建築家たちとの協働のあるべき姿が紹介されています。私たちのこれからの活動の良い参考書になると思います。(投稿-skiyo)

[PR]

by tamagawa_asu | 2006-06-09 12:33 | 地区計画グループ
2006年 06月 03日
まちづくりの会-駅周辺部会による成城学園見学記
駅周辺部会は7名の参加者を得て5月25日成城学園ウォッチングを行いました。
d0065709_14551250.gif
d0065709_14555545.gif
d0065709_14533915.gif
成城6丁目から4丁目を、ウォッチングしてみて、印象に残ったことを報告します。
成城学園前駅、北口商店街通りの各照明ポールには、「憩いの商店街」という 旗印がひらめいていました。成城学園構内には、学生が通学で乗ってきた自転車の置き場がフエンスで囲まれ管理されており好感が持てました。道路は、碁盤の目に計画され、交差点でどの方向を見ても桜並木が目につきます。この桜並木は、「世田谷百景」に選定されており、世田谷区の説明看板がありました。
サクラの大木のほかに、クスノキ、ケヤキ、アカマツ、クロマツ、イチョウ、ヒマラヤスギ、プラタナスそれぞれの大木が、住宅地のなかに点在していて、その中には、世田谷区が「保存樹木」に指定して、樹名版を取り付け、さらに保存樹木とわかる説明看板を建てて、歩行者にわかるようにPRしています。
何しろ、緑、みどり、ミドリの“まち”に思えました。そして庭の雑草も除草することなく、手入れされ緑の一部になっていました。
車道は、一方交通の道が多く、どの道にも幅員が充分な歩道部が確保され、車道部と歩道部が同一平面で高低差をつけず、境は区画線で標示され、ガードレール、ガードロープ、それにかわる支柱などは、見当たらなく、整備され、歩行者や車椅子に対して優しさを感じました。
民家の敷地面積は、目算で200坪から300坪くらいで、建物は、1階建てか2階建てに統一され、3階建てを確認したのは、散策のなかで2件だけでした。マンションでさえも2階建てで、それ以上のものは見つけられなかった。ひとつ、ひとつの建物の外壁は、誇張することのない色で、押さえ気味で落ち着きのあるものと感じました。

住宅地のなかには、「震災井戸水提供の家」と書かれた世田谷区の看板があり、災害時に利用できるように配慮されていました。成城学園前駅に隣接するオダキューOXが、「OX無料送迎バス」と書いたマイクロバスを駅中心に運行していて、まちの人が利用しています。
(投稿 駅周辺部会原稿を元にskiyoが編集投稿しました)

More
[PR]

by tamagawa_asu | 2006-06-03 15:07 | 地区計画グループ
2006年 06月 03日
住まいのまちなみ賞
d0065709_11382247.jpg平成17年度住まいのまちなみ賞に南大谷埴の丘(東京都町田市)-埴の丘住宅団地管理組合法人が選ばれ、今月の23日に授賞式が行われるとのことです。(投稿-skiyo)

[PR]

by tamagawa_asu | 2006-06-03 11:06 | まちのニュース