2005年 10月 05日
パリの街角から 
パリのお祭り
 d0065709_11231155.gif6月に10日間パリに行き美術館巡りをしてきました。毎日天候がよく久し振りのパリを満喫しました。ルクセンブルグ公園からぶらぶらと歩いていましたら、大きな古い教会があり前の広場にたくさんの人が集まり、何やら騒がしいので近づきますとそれは地域の祭りのようでまた、露店の骨董市も出て賑やかなものでした。何ヶ所かで木製の手づくりゲームを、子どもに大人も混じって楽しんでいました。日本でも昔は、村の鎮守様やお寺の広場でまつりが行われ、屋台や金魚すくいなどで楽しんだものですが、最近はあまり見かけません。このパリの素朴なゲームを見て、また楽しんでる人たちの笑顔を見て考えさせられました。(投稿者-大橋)
(写真:まつりの猫顔の少女)





パリの美術館も荷物検査
 d0065709_11205467.gifテロの影響か、ドゴール空港の荷物検査や身体検査はものものしく厳しいものでした。しかしパリは10年前と変わらず健在で、小さなホテルに着き部屋にはいったとき実感しました。パリは、私たちを優しく迎えてくれたようでした。一日おいて美術館巡りを始めました。連れ合いの強い願望であったポンピドーセンターへ。張り切って早起きして開館時間前に着いてみたら、正面玄関の前は長い行列ができていてビックリしました。平日にこんなに並ぶとは、さすが世界一の施設と納得しましたが、先頭に近づいてみるとそこでは「荷物検査」をしていたのです。空港ほどではないが小さなポシェットも開けて検査をしていました。ルーブルやオルセー美術館も同じでした。帰国して3週間後にロンドンのテロがありました。(投稿者-大橋)
(写真:ポンピドーセンター前の行列)
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-10-05 11:19 | コーヒーブレイク


<< 東玉川学園地域のまちウオッチング。      たま在宅医療研究会とは >>