2005年 06月 15日
第五小はいろいろ意味で地域の拠点
この地域(玉川学園地区)の私たちにとって第五小は、いろいろな意味で拠点的な存在です。今、第五小を中心にして活動しているグループは熱く燃えているようです。
その中で代表的なグループを、順次紹介してゆきたいと思います。 文責-清瀬





〈ざ・ぶーん!〉
はこの小学校のプール開放の運営グループですが、「地域活動」の一環として位置づけられています。それは「子供たちにとって玉川学園が、単なる「住所」じゃなく、「故郷」になるためには、その「場」や「人」と、親密な関係性が必要。また、子ども会で虫を探し、児童館で遊び、ビオでヤゴをすくうのと同じように、夏休みには「〈ざ・ぶーん!〉で泳ぐ」、それが一つの思い出になってほしい」という思いをこめていると運営されている方は語っておられます。
今後、地域の中で一緒に連携しながら「まちづくり」を考えていくことができればいいなと思います。
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-06-15 18:11 | まちの人たち


<< 第五小はいろいろ意味で地域の拠...      第十七回 玉川ふれあい玉手箱 >>