2005年 06月 15日
第五小はいろいろ意味で地域の拠点(続き)
第五小ができたのは、東京オリンピックの前後だったと思います。そのころの玉川学園地域にはたくさんの自然があったとのこと。

学校ビオトープを考える会
は学校の環境整備に、ビオトープ的な考え方で協力するボランティアグループで、主に子供たちの父兄の方々が中心に活動されています。〈ざ・ぶーん!〉さんとも共同で最近はヤゴ救出作戦を行うなど、活動急成長中のグループです。
地域ブログの仲間から「蛍」を飛ばして欲しいとの要望もでています。文責-清瀬
[PR]

by tamagawa_asu | 2005-06-15 21:48 | まちの人たち


<< 復旧したようです。      第五小はいろいろ意味で地域の拠点 >>